揺れ動く女性の心

花嫁

結婚前に女性が陥りやすい心情

彼女がマリッジブルーになってしまったとき、彼氏である男性が取るべき行動は、まずは親身になって相談にのることです。これから夫婦としてやっていく上で、何でも相談できる関係を気づいていくことが大切になります。そのはじめの一歩と考えて、彼女の心の悩みを解きほぐし、親身になって相談に乗ってあげることです。マリッジブルーは、結婚という人生における変化を目前に控えた女性であれば、誰しもが陥りやすい心理的な状況となります。その際、男性ができることはとにかく話を聞いてあげることです。女性は話を聞いてもらうだけでも憂鬱な気分が解消できることがあります。そして、もし、状況に改善が見られないようであれば、医療の力を借りることです。精神科や心療内科では心にまつわるあらゆる相談を受け付けています。最近では、マリッジブルーにまつわる相談も多数寄せられていて、カウンセリングを実施しています。うつの症状が現れている場合には、投薬治療をして自律神経の働きを正常にすることも可能です。マリッジブルーについては、一過性のうつ状態と軽く考えるのではなく、きちんと対処をしたうえで新しいライフステージへと進んでいくことが、今後の人生をより良くするための鍵を握ります。

女性が陥りやすいといわれるマリッジブルーですが、それぞれに特徴があります。まず、結婚を控えた慌ただしい時期に、ストレスを感じやすくなってしまい、一時的にうつ状態になってしまうことです。結婚前というのは結婚式の準備をしたり、親戚や友人、それに会社の人などに連絡を取り合う必要があるので、バタバタと忙しく気持ちに余裕がなくなってしまいます。また、本当は嬉しいはずの周囲のお祝いが、プレッシャーに感じてしまうことがあるのが、マリッジブルーの特徴でもあるのです。さらに、女性の場合は特に結婚することによる変化を伴います。例えば、日本の制度では結婚をすると一般的に女性は名字が変わるため、役所や職場などで様々な手続きに追われてしまうというのも気持ち的にうつ状態になってしまうことがあるのです。もし、マリッジブルーになってしまった場合には、そのままの状態にしておくことはあまり賢明ではありません。必ず、伴侶となる配偶者には自分の気持を伝えて相談をしておく必要があります。必要であれば病院に通ってカウンセリングを受けたり、パートナーの合意が得られた場合においては、一旦結婚式を延期するという決断をすることもできないことではないのです。

Copyright© 2020 今するときの精神的な特徴や基本的な知識を理解しておく All Rights Reserved.