結婚破棄にならないために

カウンセリング

一人で悩むことなく相談を早めに

プロポーズされ、OKの返事をしたのは良いが、将来への不安が募って来たなど精神的な病になることをマリッジブルーと呼び、うつ病の一種と考えられています。このマリッジブルー症状にかかる人の多くは女性と言われますが、男性の数も増えて来ていると言われます。嬉しいはずの結婚生活ですが、素直に夢を見ることが出来ず、相手側の両親と上手くやっていけるのだろうかとか、将来子供が出来た時上手く育てることが出来るのだろうとかと言った不安に襲われ、結婚することに対し嫌悪感などを感じてしまうなどの症状に悩まされます。結婚することがゆううつになってしまい、結婚を辞めてしまいまで考えてしまう人も出て来ることがあります。多くの女性がマリッジブルーにかかる理由として考えられることに、生活が一変してしまうことと考えられます。苗字が変わる、住まいが変わる、周辺にいる人で知り合いが少なくなるなど、周辺環境の変化に対し不安を感じてしまうことが、うつ症状を促進させてしまいます。そんな不安が増大してしまい、夜も眠れないほどになってしまうことから、結婚に対する実感が遠く感じてしまうケースが増えてしまい気持ちが更に落ち込んでしまう状態も起こってしまいます。マリッジブルーにかかる理由には人それぞれに違いがありますので、前向きになる気持ちを持てるようにすることが最大の防御方法とも言えることになります。

マリッジブルーと言ううつ症状にかかってしまったことで、婚約解消となってしまったカップルも相当数いると言われます。この婚約解消になったカップルの多くは、悩みの解決を二人で行われなかったケースが多くあります。悩みを言い出すことが出来ずに、二人の間が険悪な状態になってしまうことが考えられます。険悪な状態が続き、ケンカごしの態度にもなってしまい、最後は別れた方が良いと言う結果になってしまうからです。自分がマリッジブルーにかかった時には、パートナーとキチンと相談することも最良の方法になるはずです。互いに努力することでマリッジブルーが解消になれば、二人の絆はより強くなること違いありません。また互いに親身になれない時には、縁がなかったと考え、結婚を考え直すのも一つの方法になると思われます。マリッジブルーにかかりやすい人の性格は、完全主義な場合とか何事に対しても心配性な人と言われます。更には多くの人がかかりやすい症状と言うこともあり、結婚が決まった時には情報を集めておくことも良い方法になります。情報から得たことを活かすことで、その時々の対応も出来ることになって来るはずです。うつ症状が出たと感じた時には、早めに発散してしまうことも必要になり、パートナーや友人、両親など話を聞いてくれる人へ打ち明ける方法も取ると良いとされています。

Copyright© 2020 今するときの精神的な特徴や基本的な知識を理解しておく All Rights Reserved.