揺れ動く女性の心

花嫁 一過性のうつ状態とマリッジブルーを看過することは良くないことです。特に、女性は結婚による変化を不安に感じることが多く、気持ちがついていかないこともあります。そうした時には配偶者や専門の医師に相談することです。

詳しく見る

結婚破棄にならないために

カウンセリング マリッジブルーと言われるうつ症状は、出来るだけ早く解消することが良い結果に繋がります。一人で悩むことなくパートナーや友人、両親などに打ち明け相談しましょう。一人で悩むことは尾を引いてしまうこともあり、破断になるケースも出て来てしまいます。

詳しく見る

必ず話し合うこと

女性 新郎新婦のどちらかがうつ状態であるマリッジブルーで悩んでいる場合、必ずもう片方が寄り添って話を聞いて上げることが大切です。その際には、できるだけ感情的にならず、建設的に二人の未来について話し合う場を持つことが大切です。

詳しく見る

心と体からのサイン

花嫁 マリッジブルー解決のために大切なことは、二人でしっかりと話し合いをすることです。それでも抑うつ状態が改善されない場合には、必ず一緒に精神科を受信することです。医師の指導を受けながらできる限りの対策を講じます。

詳しく見る

不安に感じる場合

男女

特徴と基礎知識を学ぶ

人間は、様々な場面で鬱になるきっかけがあります。例えば今までうつ病とは関係ない人でも、結婚したときにうつ病の状態になってしまうことがあります。いわゆるマリッジブルーと呼ばれるものです。マリッジブルーになる原因の1つは、結婚することにより生活そのものが変わってしまうからです。好きな人と一緒に生活をすることに対して喜びを感じるはずですが、その反面不安なことが募るわけです。このような状態の中ると、日々の生活を活力的にこなすことができなくなってしまいます。この状態は、しばらくすると元通りに戻る可能性がありますが、人によってはなかなか元通りにならない可能性もあるでしょう。このような場合には、うつ病になっている可能性があるため、心療内科や精神科などにいって状態を良くするのが良いでしょう。しかしながら、場合によっては通ったとしてもすぐに治るわけではありません。実際にうつ病の状態になりそれがしばらく続いている場合には、半年間から1年間ぐらいは通わなければならない可能性も高いわけです。自分自身で良くするためには、なぜ不安に感じるかをよく考えることです。うつ病の多くは、自分自身の心の中に原因があるため、その原因を理解しその上でそれを受け入れることができたならば、問題を解決する事は十分に可能になるでしょう。

マリッジブルーになってしまったときには、うつ病と同じと考えて精神科や心療内科に通うことで解決を図ることが可能になります。鬱状態でマリッジブルーになっている場合には、どれぐらいの頻度で通ったら良いでしょうか。これに関しては、明確な決まりはありませんが大抵最初のうちは、毎週通うのが良いです。鬱状態でしかも新婚だとしたら、なかなか通院する暇もないかもしれません。それと同時に通院する気力すらないかもしれません。ですがあえて病気を治すために、そして今の状態よりも良くするために精神科や心療内科に通ってみましょう。気になる費用ですが、1回あたりの診療で3000円程度になります。本当にうつ病の状態と同じようになってしまって落ち込んでいるあるいは気分が滅入ってしまう場合には、抗鬱剤などを飲むことが必要になります。ちなみに薬を飲んだとしても結果的に物事が解決できるわけではありません。基本的に薬を使う場合は対症療法になりますので、その日のうちは十分な効果を発揮するかもしれませんが、翌日以降になるとまた元通りに戻ってしまう可能性があるでしょう。保険が適用されるか問題になりますが、基本的には美容整形等と異なり保険が適用されるのが基本になります。これにより、金銭的な負担はそれほど大きくならずに済むでしょう。

Copyright© 2020 今するときの精神的な特徴や基本的な知識を理解しておく All Rights Reserved.